40年にわたる「追跡調査」から導き出されたあなたが子供に教えるべき4つのこと
〜教育関係者だけが知っている。これからの社会で「IQ・学力」よりも重要で必要な能力を育てる方法〜

第3章前編:「非認知能力」を伸ばすための具体的な方法

この4つの習慣は教育の研究が進んだ現代だからこそ効果が出るとわかった「科学的根拠」に基づいた習慣になります。

 

↓↓↓下の再生ボタンを押すと動画視聴ができます↓↓↓

どうもこんにちは。
マナカル祖師ヶ谷大蔵校の山下です。

 

第3章前編いかがでしたでしょうか?

 

この前編では4つの習慣のうちの「2つの習慣」をご紹介していきました。

 

是非、今日から取り入れてみてください。

 

あなたが少し変わった事を子供は見逃さず、子供も少しずつ変わっていきます。

 

根気が必要な内容になりますが、必ず為になるので実施してみてください!

 

次の後編ではいよいよ

 

残り「2つの習慣」についてお話をしていきます。

 

また、マナカル kidsではこれまで「4つの習慣」を実施しようとしても変わらない

 

つまり、親御さんが頑張っていても報われないという姿をたくさん見てきました。

 

「頑張ってやろうとしても子供が会話をしたがらない」

 

「話を聞いてくれない」

 

「子供が反抗して、つい怒ってしまう」

 

多くの親御さんが「努力不足」というのですが、それは違います。

 

原因は第2章でお伝えした非認知能力の土台が出来ていないだけです。

 

その土台の作り方については

コチラで無料冊子にしているので是非、目を通して見てください!

↑※上の文章をクリックすると閲覧できます。5分程度で読める内容です

 

さて、いよいよ最後の動画になりました。

ここまで見ていただいた方は、本当にありがとうございます!

 

下記より続編をご覧になり、

4つの習慣の全貌をご覧ください

 

↓↓↓青色の「クリックボタン」を押すと第3章後編が見れます↓↓↓